ペニスのサイズに自信を持てない

ペニスのサイズに自信を持てない

ペニスに自信がないというストレス 職業、教養の有無、社会階級に関わらず、男性は自分のペニスは小さい・小さすぎると感じるものです。実際どの位の数の男性がこの悩みを持っているかははっきりとしませんが、羞恥心や誤解や理解されないことに対する不安から、その中には新聞で「ペニス増大」などの広告を見て、医師のもとへとやってきます。医師に高額な手術を薦められ、そのまま受けてしまうことも少なくないでしょう。この手術は(陰茎提靱帯の切断とZ縫合による皮膚の延長)技術的には簡単ですが、それに不釣合いなほど高額な費用を要求されます。また手術後、ペニスは勃起時に下を向いてしまったり、手術前に知らされていた延長効果は満足のいくものではなかったり、と美容的な観点からもこの手術の結果は疑問の残ることが多々あります。増大のために、更に皮下脂肪をペニスへ注射することもあります。

このような患者に不安の残る手術結果は時として裁判へ発展し、手術を行った医師が手術料金の返還を請求されることも珍しくありません。そのため、手術後のアフターケアとしていわゆるペニスストレッチを行うようになった病院もありますが、これによって結果が得られたとしてもそれは手術自体の成果ではありません。

我々の長年の研究によると、ペニスを継続的に牽引し続けることだけでも数ヵ月後には一時的ではない永続する延長効果がでています。またファローサン・フォルテの特殊な方法により、太さも増大させることができます。もちろん手術に比べると格段に安い費用で済みます。ペニスの大きさに悩む方は、まずは信頼のおける性医学の専門家に相談するべきですが、治療をしてもその精神的苦痛が代わらない場合や、わらにもすがる思いでいるのであれば、ファローサン・フォルテをお試しになることを勧めいたします。他の治療の選択肢を狭めることもなく、安心してお使い頂けます。