陰茎の後退を遅らせるために

対麻痺における陰茎の併用治療

陰茎の後退を遅らせるために

対麻痺患者の方々は、陰茎の血流が悪くなるため、陰茎自体が徐々に骨盤低筋群へと引き込まれていき、その結果ペニスの性機能が衰退してしまいます。この陰茎の後退はひどくなると、カテーテルなしでは排尿が不可能になります。

原因

対麻痺を発症すると神経結合が強いダメージを受けます。前立腺の手術も神経に影響を与えることがありますが、対麻痺の場合ほどひどくはありません。 脊髄神経が途切れているため、下垂体、前立腺、腸骨リンパ節、精嚢は神経路を通じたお互いの伝達ができなくなってしまうのです。これにより、就寝時の勃起はペニスの血流を良くし、鍛えてくれているのですが、その男性にとって必要不可欠な睡眠中の勃起ができなくなってしまいます。この結果として、ペニスの性機能が失われ、陰茎の後退も進行します。

解決策

ファローサン・フォルテによる治療では、陰茎の血行を促進させ体に勃起状態をシュミレートさせ、それによりペニスの後退を遅らせたり阻止することができます。刺激を与えることによって、ペニスが数ヵ月後には再び元の大きさになるようトレーニングすることが可能なのです。

» ファローサン・フォルテの原理
» ファローサン・フォルテを今すぐ注文