糖尿病による勃起不全

糖尿病による勃起不全

糖尿病の診断を受けている中年男性のほぼ50%が性的障害で悩んでいるという統計が出ているのですが, その症状は年齢がたつに連れて決して軽くなるわけではありません。

陰経が十分に勃起しない、あるいは勃起の硬さが落ちるという症状は本人だけではなく、交際相手やその相手との関係にとっても重い負担になります。

原因

糖尿病は代謝の問題で起きる病気で、欠陥や神経に障害を与え、部分的ニューロパチーを引き起こします。 そうなると、陰経周辺の神経や血管が正しく機能しなくなり、陰経がちゃんと勃起しなかったり、勃起しても維持できなくなる男性多いです。 この過程はゆっくりと始まり、対策を取らないと、完全に勃起できなくなる状態までに至ります。

解決策

ファローサン・フォルテの使用により、陰経全体の血行が促進され、負担を受けている神経と欠陥の細胞の酸素と栄養の補充がよくなります。 症状の改良は数日後に実感することができるでしょう。

» ファローサン・フォルテの原理
» ファローサン・フォルテを今すぐ注文