ペイロニー病―後天的な陰茎湾曲症

ペイロニー病―後天的な陰茎湾曲症

後天的な陰茎湾曲症であるペイロニー病は、ゆっくりと進行するか一夜にして発症するかのどちらかです。初期の段階では、特に勃起時にしばしば痛みを伴います。陰茎が上向きに屈曲しているのがこの病気では一般的ですが、砂時計型に屈曲することもあります。男性の3-7パーセントがペイロニー病に罹っていますが、その中でも糖尿病の方の割合が割合が高くなっています。後天的な陰茎湾曲症は、その痛みゆえにパートナーとの性交渉を難しくするか、もしくは全く不可能にしてしまいます。このため男性としての自信を失わせ、パートナーとの関係にも影響を与えるため、この病気はライフクォリティに甚大な喪失をもたらすのです。

原因

成人になって発生する陰茎湾曲の正確な原因は未だ不明ですが、コラーゲン代謝の障害が発生に関連している、というのが主要な説になっています。陰茎に結合組織が過剰生産されることにより、海綿体の膜に硬結(プラーク)が形成され、場合によっては痛みを伴う湾曲陰茎へと繋がります。

解決策

原因が完全に解明されていないため、様々な種類の薬の服用、ペニスへの有効成分の注射、衝撃波・イオントフォレシス療法などで、症状を緩和させ進行の阻止を図ります。症状が重い場合、再び元の性機能を取り戻すためには、時として手術しか道が残されていません。それでも完全に変形を元に戻すという治療方法はこれまで確認されていませんが、ファローサン・フォルテを使用した640名のペイロニー病患者が症状の改善を報告しています。ファローサン・フォルテは、ペイロニー病にによる湾曲陰茎の 代替治療や寛解維持療法として―特に他の治療方法の可能性を決して制限することない、という観点から―推薦されています。


» ファローサン・フォルテの原理
» ファローサン・フォルテを今すぐ注文