病状としての屈曲陰茎

ペニスのサイズに自信がない方

ペニスのサイズに自信がないストレス

思い込みによってペニスが短すぎる、又は小さすぎると感じている男性は、社会階級や教養の有無に関わらずどこにでもいるものです。勃起した状態のペニスの長さは平均値に届いているのに、彼らは精神的にペニスの小ささに苦しんでいるため、同僚や友人の視線が気になってプールやサウナへ行くのも恐くなるようです。

原因

男性はペニスに価値を置くものです。少なくともそう感じている男性は多いので社ないでしょうか。非勃起時でも大きなペニスを持つ男性は逞しさ、精力、強さの象徴です。ペニスに自信を持てない原因には、すでに子供の頃の学校生活がしばしば関係していますが、それが自分ではっきりと認識できるようになるのは、後に兵役、スポーツ、サウナ、フィットネススタジオなどを体験してからです。もしペニスが(病気か遺伝的要因で)未発達のままであれば、自意識や人格形成もまた未熟なままのことが少なからずあります。

自分のペニスが小さすぎると感じて自分に自信が持てない時、そしてそれによるストレスが重度の場合、まずは性医学の専門家に相談することです。  しかしながら、誤解が招いた羞恥心や不安によりそれを避け続ける男性は、残念ながら非常に多いようです。

解決

医者に相談しても、こういった問題を解決できない男性にお勧めできるのがファローサン・フォルテです。医学的に安心できてコストの面でも優しいこの商品、錠剤とクリーム類のものと違って、副作用ありません。また、ファローサン・フォルテを使うことによって、別のセラピーが不可能になることもありません。

» ファローサン・フォルテの原理
» ファローサン・フォルテを今すぐ注文