前立腺手術後の治療

前立腺手術後の治療

陰茎海綿体の手術を受けた場合、術後数週間以内に陰茎の治療を始めなければ、男性機能、つまり勃起機能を失う可能性が高い、と専門家は指摘しています。

原因

必要不可欠な神経や血管が少なくとも部分的に残っていたとしても、自発的に勃起できるようになるには、間数週間から数ヶ月間までかかることもあります。勃起は強い血流による刺激ですが、これが起こらない場合、もともと柔らかい海綿体が収縮性のない結合組織に変わってしまうという危険が発生します。その結果、陰茎が非常に勃起しにくい状態になってしまい、勃起促進剤を使わないと性交ができなくなるのです。このため、前立腺手術後の適切なケアは非常に重要になってきます。

解決策

前立腺手術を受けた後の勃起機能の維持するための標準治療というものはまだありませんが、血行を定期的に促進させることは男性機能を失わないための予防に役立つでしょう。

» ファローサン・フォルテの原理
» ファローサン・フォルテを今すぐ注文