ファローサン・フォルテの使用による副作用・注意点

ファローサン・フォルテの使用

副作用、 注意点、 お勧め

ファローサン・フォルテはお客様自身の責任で使用していただくことになりますが、取り扱い説明書どおりに使えばなんの問題も発生いたしません.

牽引力の強弱

ファローサン・フォルテの使用は無痛であるため、牽引力の設定を強くするお客様が多いようですが、そんな必要はありません。 ファローサン・フォルテの使用による効果は引力の強弱に関係していません。効果を確実に出したい方は定期的に長時間の装着を心がけましょう。 特に、使用開始してからの数週間の間、陰経の組織ががなれるまで牽引力を軽めにして使用しましょう。

プロテクトキャップ

同封してある亀頭用のプロテクトキャップを必ず使いましょう。プロテクトキャップは圧縮ストッキングのように、肌の表面に圧力をかけ、腫れなどの副作用を妨げる役割を果たしています。

同封しているプロテクトキャップを使用していれば、陰経が充血することはほとんどないですが、極端な引力(3キロ以上)をかけた場合、亀頭に軽めの腫れができることがありますが、数分後に消えるものなので心配しないでください。 この腫れを軽くマッサージすれば、もっと早く消えていくでしょう。

注意事項

プロテクトキャップをどうしても使用できない場合は、陰経が腫れないように、ファローサン・フォルテの牽引力を軽めに設定しましょう。それでも腫れの症状が出るようでしたら、ベルトの引力が肌に直接かかっているので、軽めの設定にしましょう。 最悪の場合、水ぶくれができる男性もいますが、傷用のバームやクリームを使用すれば2日ほどで治るでしょう。

こういう症状が発生した場合、ファローサン・フォルテの使用を直ちにやめ、症状が消えるまで待ちましょう。その後は軽めの設定にして装着しましょう。

くどいようですが、プロテクトキャップを使用することによって、こういった副作用を防止することができます。

気長目で辛抱強く頑張りましょう。陰茎増大という過程は歯の矯正に使われるブレースと同じ原理で、長期的に考えなければいけませんが、効果は確実に出ます。
牽引力を強くするよりも定期的に装着しましょう。

材料や人体との互換性について

医療機器であるファローサン・フォルテの生産上、使用される素材は全てアレルゲンフリーのもので、ラテックスなど使っておりません。 すべての金属パーツはニッケル含まれておらず、ベルト自体もホルムアルデヒド含まれてません。

品質管理と規格

生産者であるオルビサン株式会社はISO9001:2008 と13485:2003の規格に凖しています。

品質保護のため、医療機器製造者としての認定を受けたメーカーの商品を使いましょう。

ファローサン・フォルテは14年の歴史を誇り、上記以外の副作用が発生することはこの期間で一件もありません。ファローサン・フォルテは健康保険でもカバーされるようになり(国や保険会社によって変わります)、ドイツ、オーストリア、スイスの薬局でお買い求めになれます。

アップデートと手入れアドバイス

詳しい情報やお手入れに関するアドバイスは当サイトの ダウンロード・セクション にある取扱説明書を御覧ください.

Swiss Sana Anstalt